noside logo

 
■詳細は下記にお問い合わせください。
ノーサイド教育センター
担当:荒井
Tel  :  03−3420−5159
Mail :  arai@noside.org(PC用)
スマートフォンはこちら
 
 各自治体・各種福祉施設で障害者向けパソコン講習会をご担当者の皆様(1)
(1)障害者向けパソコン講習会(このページをご覧ください。)
(2)職員・教員向けパソコン研修はこちら
(3)情報化リーダー・ITリーダー向けパソコン研修はこちら
ノーサイド教育センターは、首都圏各地の自治体及び関連福祉施設などで障害者・高齢者をはじめ多くの方々を対象としたパソコン講習会を受託し開催しております。
また、各自治体の職員・教員の皆様に対しても、それぞれのレベルに沿ったパソコン講習会を開催しており、各市町村においてIT化を推進する情報化リーダーの育成研修も受託しております。

自治体のIT化が進む中で、パソコンの知識と技能の修得は極めて重要な経営課題になっており、また、住民への関連サービスの充実もニーズの強いものがあります。
IT関連投資の結果、各自治体にパソコン(ハードウエア)が導入されましたが、使い方(ソフトウエア)については、まだまだ能力開発の途上にあります。

ノーサイド教育センターの経験・実績に裏打ちされたインストラクション・スキルで、障害者向けパソコン講習会や高齢者向けパソコン講習会の実施を承ります。
ノーサイド教育センター実績リストはこちらです。
<インストラクション・ガイド>
「ノーサイドインストラクター」の教育・養成のためのインストラクションに関する指導メモです。
<プログラム>
各パソコン講習会で使用されているプログラム(例)です。
ノーサイド教育センターでは開催されるパソコン講習会に最適の教材をその都度開発・作成しております。これらはその一例です。
テキストにリンクがある場合は、実際に使用されているテキストをPDFファイルでご覧いただけます。
◆これらのテキスト教材の無断使用はお断り致します。◆
◆視覚障害者向けパソコン講習会◆

音訳ソフトを使うとどんな文章でも読み上げてくれます。また、画面の設定を変えることにより、視力にあわせて見やすくすることもできます。インターネットを使用すれば、テープ録音や点訳を介さずに、リアルタイムで情報を得ることができます。

◆聴覚障害者向けパソコン講習会◆

電話が使えなかったり、大人数でのおしゃべりを楽しむことが難しい場合がありますが、Eメールやチャットを利用することによって、より多くの人とコミュニケーションを取ることができるようになります。インターネットを使えば、情報収集もスピーディーになります。

◆知的障害者向けパソコン講習会◆

文字の習得やコミュニケーションに興味の薄い場合、学習の補助教材としてパソコンが役に立ちます。また、お絵かきソフトなどでの作品作りを通し、自己表現の手段を広げます。

◆その他障害者向けパソコン講習会◆

○ 上肢に障害のある方

  手の震えや手指の欠損のために文字を書くことが困難な場合、パソコンを使用してご自分で文章を書くことができます。

○ 下肢に障害のある方

  外出することが難しい場合、インターネットでショッピングや調べ物、お友達とのおしゃべりなどができます。

◎◎◎障害者向けパソコン講習会見学のご案内◎◎◎
首都圏各地で開催される障害者向けパソコン講習会の見学をお勧めしています。
特に開催経験のない障害者向けのパソコン講習会を実際にご覧ください。
主催者の了解を取ってご連絡致します。
お申し込みは、こちらからダウンロードしてファクス送信してください。
「つづき」はこちらです。
<お見積もり基準>
ノーサイド教育センターではお見積もり内容を分かりやすくするために、
*企画費
*営業開発費
*通信連絡費
*消耗品費
*一般管理費
などの細目を設けず、従来よりインストラクター人件費にまとめてお見積もりしております。

費目としては、
@インストラクター派遣費用
Aプログラム作成費(含む、テキスト代、フロッピーディスク・CD代)
B交通・運搬費
C消費税
となります。

見積もり試算表は、こちらからダウンロードしてご参照ください。
また、予算枠の問題についてはお気軽にお知らせください。
■お問い合わせ・お見積もり・資料送付はノーサイドグループ事務局へ■
◎お電話なら:03−3420−5159
◎ファクスなら:03−3420−5179
※担当・橋本昭彦=hashimoto@noside.org
Copyright(C) 2000 - NOSIDE GROUP - All Rights Reserved